ネット気になる情報とりまとめブログ

ネットにあふれる情報のうち気になるものを独断と偏見でまとめています。

低糖食堂 血糖値が気になる人でもとんこつラーメンの味が楽しめます。

いまや国民的な生活習慣病になりつつある、糖尿病。
糖尿病は、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。

 

糖尿病の治療には多く、食事療法が取り入れられます。
食習慣を改善し、血糖値を良好にコントロールすることが目的です。
自然に、血糖値が高くなるような食べ物は食べられなくなります。

 

その筆頭ともいえるのがラーメン。
ラーメンの麺は糖質で、食べると血糖値が上がるのでよくありません。

とはいっても、ラーメン好きな人にラーメンを食べるなというのは、人生の楽しみを奪うようなもの。

どうしてもというなら、野菜が入ったタンメンや太麺ならという制限付きです。

細麺で脂っこいとんこつラーメンはとても勧められません。

 

そこで最近人気になってきたのが糖質制限食品としてのラーメン。
ただ、麺ではこんにゃくや大豆を使ったものがほとんどで食感という意味では物足りません。

おいしくて、かつ血糖値を上げないラーメンはないものか。
そんな願いをかなえたのが、「低糖食堂」です。

 

「低糖食堂」では、なんととんこつラーメンの本場、博多の味を再現した低糖質のとんこつラーメン風の商品を販売しています。

 

麺は糖質63パーセントカット、スープは砂糖を大幅カットしていて、低糖質を実現しました。
それでいて、味はとんこつラーメンにまさるとも劣らぬ味。

 

実際に54人にアンケートを行ったところ、おいしいと答えた人が34人(63%)、普通と答えた人が17人(31.5%)という数字がでています。

血糖値が気になってとんこつラーメンを食べられなくても、「低糖食堂」なら味も大満足すること間違いなしです。